NPO法人寺田プランニング
・就労継続支援B型事業所「はやぶさ工房」
・共同生活援助「はくたかホーム」

避難訓練

令和4年度避難訓練(1回目)




 9月16日(金)、今年度1回目の避難訓練を実施しました。予告なしの訓練ですので、「地震だ~!」という職員の声に最初は戸惑う利用者さんもいましたが、すぐに机の下に入り、頭を守る姿勢を取る事が出来ていました。その後、職員の指示をしっかりと聞いて、無事に避難を完了させました。
「地震だ~!」の声で作業机の下にもぐります。
ヘルメットを装着し、無言で避難場所まで移動します。
所長の講評を聞きます。
帰りも、速やかに工房に戻ります。

令和3年度避難訓練(2回目)



 3月15日、今年度2回目の避難訓練を実施しました。
 今回は火災を想定した訓練でした。「火事だ~!」という職員の声で一斉に外に逃げました。最初、地震の訓練かと勘違いしてテーブルの下にもぐろうとする利用者さんもいましたが、職員の指示に従い、滞りなく訓練を終える事が出来ました。
煙を吸わないように、ハンカチで口を押さえて外に出ます。
足元に気を付けながら、避難します。
今回の避難訓練について所長から。
静かに所長のお話を聞きます。

令和3年度避難訓練



 12月7日、地震を想定した避難訓練を実施しました。高校を卒業したばかりで、工房での避難訓練は初めてという利用者さんもいましたが、スムーズに避難することが出来ました。
 訓練終了後、長期保存食のアルファ米を配布しました。持ち帰って、各自ご自宅で食べてみる事になりました。

 災害はいつ来るかわかりません。日頃から防災意識を高く持ちたいものです。
「地震だ~!」の声で机の下に頭を隠します。
全員ヘルメットを装着して、外に出ます。
避難場所まで移動します。
所長から今回の訓練についてお話がありました。

令和2年度避難訓練


 令和2年度避難訓練を実施しました。
 新しい工房になってからは初めてでしたが、比較的スムーズに行うことが出来ました。
地震だ!の合図で作業机の下に隠れます。
皆ヘルメットを装着して工房前に集合します。
全員の確認後避難開始です。少し上り坂なっています。
所長から訓練の講評を頂きました。

令和元年度第2回避難訓練


 11月27日(水) 今年度2回目の避難訓練を行いました。
今回も大震災とそれに伴う津波を想定した訓練で、工房よりも高い場所に避難をしました。
地震の落下物から身を守ります。
避難前の点呼です。
高台に避難中です。
高台で点呼が終わり所長より訓練についての説明がありました。

令和元年度避難訓練

6月12日、今回も工房に残っている利用者等及び職員で、大震災とそれに伴う大津波を想定した訓練を行いました。
(元年度避難訓練)
(元年度避難訓練)
(元年度避難訓練)
(元年度避難訓練)

避難訓練2

2019年3月5日、避難訓練を実施しました。大地震が発生したという想定の下、高台まで避難しました。
「地震だ~!」
一人一人ヘルメットをかぶります。
慌てず高台へ避難します。
「もし実際に地震が起きても、落ち着いて避難しましょう。」

避難訓練1

避難訓練を行いました。大地震が発生したという想定で、発生直後の揺れでは、まず自分の身を落下物等から守るため机の下等に身を隠します。その後ヘルメットをかぶり高台(津波の来ない場所)まで徒歩で避難し、点呼を取り訓練終了となりました。
地震だ!机の下に身を隠します。
避難場所まで移動する準備をします。
避難場所まで徒歩で移動します。
集合場所にて点呼を取り、注意事項を聴き訓練終了となりました。

CONTACT

・はやぶさ工房では、横須賀市内の18才以上の知的障がい者(定員40名)が「就労継続支援B型」で働いています。
・すべての作業収入は給料としてお渡ししています。
・手工芸品については、市役所ともしびショップ「マリン」及び総合福祉会館2階ともしびショップ「よこすか」にて販売しています。
・はくたかホームは介護包括型のグループホームです。男性5名が入居しています。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP